世界に羽ばたいた2代目プリウス!

トヨタとユーザーが信頼でつながっている様子を表しますしかし、プリウス発売の当時の販売価格は同じくらいの車格であるカローラが152.7万円で販売されていた時代としては決して安くはなく215万円で販売。世間ではこの値段をキャッチコピーである「21世紀」に行くとかけた語呂合わせではないか? という噂も立ちました。

そして最初から上手くいったわけではありませんでした。一年の販売台数は2万台を超えることはなく。2003年に登場する2代目が出る前の年では1万台を食い込んでいました。

しかしこの2代目が2003年に登場し2011年まで活躍することによって、トヨタ・プリウスは大きな転機を迎える事になったのです。

これまで日本国内で販売する事を考慮したモデルから世界でも通用するモデルが考慮されるようになりました。そしてトヨタはブランド「HYBRID SYNERGY DRIVE」を展開し2代目が初の車種となり専用のエンブレムも当代に装着されました。

そうそう、知ってます?トヨタのロゴって「ユーザーの心」とトヨタの「クルマづくりに対する心」が信頼感でひとつに結ばれていることを表現しているんですよ!もう、24年間使われているんです。トヨタの“T”が、タテ・ヨコに組み合わされたふたつの楕円となってて、その背後の空間は、トヨタの先進技術のグローバルな広がりと未来へ翔ける無限の可能性を意味するんです。そして、ふたつの中心を持つ楕円が「ユーザーの心」とトヨタの「クルマづくりに対する心」を表現しているんだそうです。

あ、すみません(苦笑)話がそれちゃいましたね?そういう事で2代目に訪れた転機を機会にしてさらなる躍進を遂げたプリウスはトヨタの主力車種として世界に羽ばたいていったのでした。

21世紀に間に合いました

初代プリウスが発売されたのは21世紀直前でしたトヨタといえばクルマを作っているメーカーである事は、日本のみならず世界の人々にも名前が知られているブランドです。

その中でもプリウスは実に18年もの間、親しまれてきました。2009年から生産販売されてきた現行モデルのプリウスは三代目なんです。ご存知でしたか? それに、プリウスは「世界初の量産ハイブリッド専用車」なんですよ? すごいですね!

今こうしている間にも、家族の一員としてトヨタ・プリウスを迎え入れようとしている人々が世界93カ国にもいるんです。

プリウスがこの世に誕生したのは今から18年前、1995年のことでした。「人と地球にとって快適である事」をコンセプトにして開発され、第31回東京モーターショーにて参考出品車として展示されたのが始めてのプリウスだといわれています。

その後、プロトタイプを経て1997年に初代プリウスが誕生。正式に世間に発表がされて販売が開始されました。キャッチコピーは「21世紀に間に合いました。」この時に世界初となる「量産ハイブリッド自動車」が誕生したのです。求めやすい価格のプリウスは大爆発します。

プリウスに対する誤解と祖父の愛車2

プリウスは小回りも利いて乗りやすいです私の身近なプリウスといえば、私の祖父がプリウス乗りです。一昨年、祖父が長年乗り続けてきたワゴンRからプリウスに買い替えました。パールホワイトのプリウスで、とても綺麗な車だと感じたのを覚えています。

祖父はワゴンRをだいぶ長い間乗り続けてきたので、そろそろ買い替えを考えているとは言っていましたが、まさかプリウスを買うとは思いもしませんでした。プリウスを買った当初、周りの人たちから口々に「若いねー」と言われ少し嬉しそうな表情をしていました。

さっそく助手席に乗せてもらい運転してもらったのですが、最初に思ったのは「案外小回りがきく」という点でした。祖父の家の前はかなり狭い路地で、大きめの車だと出るのも一苦労。更にそのまま右折しようとすると電柱が邪魔になり、そこがかなりの難点でした。

プリウスは結構幅がある車なので、難しいかなと思っていたところその不安は見事に裏切られました。駆動性が良く、動きがスムーズなためか、あの狭い路地をスイスイ進むことができます。軽自動車ほどではありませんが、あの大きさの乗用車にしては意外と小回りがききます。そこはさすがのプリウスといったところでしょうか。

そしてプリウスといえばもうひとつ、「燃費」です。プリウスの燃費は普通に運転しても平均20km/L前後。上手くすれば30km/L前後まであがるということですから驚きです。分かりやすく考えるとガソリン5Lで100km走行。30L入れれば600km走るという単純計算になります。

家族乗り用の大きな乗用車やスポーツカーなんかは10km/L以下ですから、これだけでプリウスの評価が上がったと思います。

今や世界中で人気の世界初の量産ハイブリッド車、トヨタ・プリウス。知れば知るほどその人気に納得です

プリウスに対する誤解と祖父の愛車1

祖父がプリウスを買いましたプリウスについて周りからよく聞かされる評価があります。それは「静か過ぎるため事故が起こりやすい」という言葉です。

しかしそれにはちょっと異論を禁じ得ません。たしかにプリウスは他の乗用車と比べると驚くほど静かでスムーズです。それでも音はちゃんとします。さすがに無音ではありません。

「ブーン…」と静かにエンジンが回転する音。なんとも落ち着く音ではありませんか。マフラーから「ブォン!」と爆音を垂れ流しながら道路を闊歩する車に比べれば、近隣への迷惑も最小限ですし、排気量も少ないので環境にも優しいと思います。

私が思うに(個人的な見解ですが)、プリウスのエンジン音の大きさは、人間が一番ちょうど心地よく感じる大きさなのではないのでしょうか。ちょうどいい低音を奏でながら回転するエンジン。けしてうるさくはなく、また静か過ぎるわけどもない。

「静か過ぎる」という意見をもつ方は、おそらくプリウスのエンジン音を間近で聞いたことをないのでしょう。きっとその誤解が「静か過ぎるため事故が起こりやすい」という間違った見解を生んでしまったのでしょう。

TOYOTA PRIUSのユーザーの体験記、思い出!

先進の思想に支えられた新しい時代の車、プリウス!世界初のハイブリッドエンジン搭載の量産型乗用車、TOYOTA PRIUS(プリウス)。ハイブリッドエンジンによる超低燃費も人気ですが、
先進の思想に支えられたものつくりの姿勢や、
安定した走行性能、無駄のないシンプルなデザイン、など
ドライバーを魅了するポイントはたくさんあります。

ここでは、そんなプリウスに魅了された皆さんの声をシェアしてみたいと思います。
もしよろしかったら、ご訪問下さったついでに貴方の想いも残していって下さいネ!